低反発マットに見つけてしまった

都内で暮らしていたとき、冷房の風が直接体にあたるのが嫌で、リビングで冷房をつけっぱなしにして隣の寝室の扉をあけて冷気だけが入るように細工して眠っていた。しかし、今の家に引越してその方法を試したらあまりの暑さで、クーラーのついている別の部屋に布団を移動させた。しばらくして、私が1週間ほど実家に帰っている間に旦那が寝る前に暇を持て余したらしく、リビングでテレビをみながらウトウトしたかったらしく、寝具一式がリビングに移されていた。新しく移動したクーラーのニオイが気になっていたので丁度いいと思い、そのまま夏場はリビングで寝起きするようにしていた。

 

食事をするときはリビングの布団を丸ごとどかしていたのだが、そのときに見つけてしまった。黒いシミ。見事にマットがカビていたのだ。

一人で悪戦苦闘

都内のニトリで購入して、2年とちょっと…。こんな見事にカビているとは…さすがにショック。安いものでもないし、何か対策をとらねばということで、慌ててカビ取りのリサーチをした。

 

さっそく旦那にエタノールとキッチン泡ハイターを買ってきてもらった。旦那が仕事でいない昼間、ベランダに段ボールをしいて汚れないようにマットをたてて、カビている部分にエタノールを吹きかける。とりあえず、これで、消毒と繁殖を防止。そのまま日に当ててて乾かし、その後、キッチン泡ハイターをカビているところに噴射。泡を薄くのばして、のばして、しばらく放置。するとカビがみるみるうちに消えていく。

 

これはすごい!

 

あまり放置しすぎるとマットの生地が傷むらしいので、水でしぼったフキンでこまめにふき取る。

 

ふきとったフキンは漂白成分が付いたままになるので水をはったバケツでまたまたこまめに絞りの繰り返し。

 

クーラーもつけないで部屋とベランダの間で、カビ取りに悪戦苦闘…。

 

でも、なかなか乾かないであろう梅雨時期や冬にやるよりかは、よっぽどましだと思って一通り水拭きを済ませて、3時間ほど乾かして、とりこんだ。

 

完全に元にもどったわけではないが、1番最初よりかはよくなった…。

 

これからは、こまめに湿気を逃がさないとダメだなぁ~と反省した。